多治見市・土岐市・瑞浪市・恵那市で自然素材の注文住宅を手がけているエムスタイルホームです。

新築住宅の購入に際して大抵の方が重要視されているのは、物件そのものの広さや、陽当たり、間取りなどの事と、お金のこと「住宅ローン」「返済額」「頭金」などがあげられます。

しかし、上記のことと同じように重要なことに物件の周辺環境があります。

道路状況や生活の為の利便施設の有無など、周囲の環境も重要なポイントです。

新築住宅自体に不便がある場合はリフォームや生活の仕方などご自身や家族だけの決断で解決することもできますが、周囲の環境は購入後には変えることができないものだけに購入前にしっかりとチェックしておくことが大切です。

ご検討する土地を見に行く場合、複数の検討箇所を車で移動することが通常ですが、実際の生活をイメージするためには、前面の道路幅や見通し、安全性のチェックだけでなく下記のことおもチェックしておくことをお勧めします!

①お子様の通学路を学校まで実際に歩いて状況を確認する。

②最寄りの駅、バス停、金融機関、病院、スーパー、コンビニなどまでの距離の確認をする。

また、小さなお子様がいらっしゃる場合には周囲に公園があるか、通勤・通学利用予定の電車やバスの時間や本数、スーパーの営業時間、ご近所にお住いの方の情報、ゴミ置き場の場所やルールの事前確認が必要です。

以外に見落としがちな昼、夜、また平日と休日。

時間帯や曜日でがらりと雰囲気の変わるエリアは少なくありません。

交通量なども変化することが多いので、できれば、曜日や時間帯を変えて、何度か周辺を歩いてみるのも良いですね!家族の生活時間を考えて、実際の行動に合わせた時間帯でシミュレーションをしてみることができればイメージがさらにできます!

ぜひご家族の生活パターンを基にチェックリストを作成し、実際の生活とご検討物件がマッチするかイメージしてみることをお勧めします。