多治見市・土岐市・瑞浪市・恵那市で自然素材の注文住宅を手がけているエムスタイルホームです。

新築住宅をご検討中の皆さまは「ニッチ」をご存じでしょうか?

「ニッチ」とは小物や絵などの飾り棚として利用するために、壁の一部をくりぬいた部分のことを言います。

元々は英語で、直訳すると隙間、くぼみを指します。

ニッチの代表的なメリットとしては、出っ張りが少なく、室内を広く使える存在だけでおしゃれ感アップオリジナル性が非常に高いといった点が挙げられます!!

ですので新築住宅検討の際には計画的に取り入れることをお勧めします。

それでは「ニッチ」はどんな所に設けるのが効果的でしょうか?

〇リビングや玄関に

玄関は家の顔です。

殺風景な玄関でも、ニッチに飾った花や絵、雑貨が雰囲気を華やかにしてくれ、とてもいい空間のアクセントになります。

また、よく通る場所、目に留まる場所に設けるとより効果的です。

写真や絵、置物や植物を飾ると、ハロウィンやクリスマス、新年など季節ごとに飾るものを変えるのも楽しみです。

他には、マガジンラックとして大きめのニッチを設けることもあります。

雑誌や新聞など床に置いて雑然としてしまうものに置き場所を作り、物を戻す場所として家族で習慣づければ、無駄な探し物も減ります。

〇ダイニングキッチン付近に

ダイニングキッチン付近には、インターフォンやお風呂のスイッチなど、壁から少し出っ張る操作盤が多くなりがちです。そうしたものをニッチにまとめてすっきりさせることがあります。

他には、キッチンは調味料が多いので、作業台を広く確保するために設けたりもします。その場合は調味料の容器も揃えて入れ替えたりすると見せる収納として活きてきます。

はじめにお伝えしたように「ニッチ」は壁にくぼみを作ってできるディスプレイ・収納スペースです。

構造や断熱の関係で必ずしも希望する位置にできない場合もあります。

住宅を新築する際にニッチを作りたいという方は早めに相談しましょう!!