多治見市・土岐市・瑞浪市・恵那市で自然素材の注文住宅を手がけているエムスタイルホームです。

新築住宅を検討されている世代は共働きの世帯が多くなっています。

ご主人が協力的なご家庭もあるかと思いますが、やはり奥様が料理も洗濯も掃除も・・・という目の回る毎日を過ごされているご家庭も多いのではないでしょうか?????

限られた時間の中で家事を片付けて仕事に出かけるためには、新築時の家事動線の計画が大事になってきます。

日常生活を送る上でリビングや浴室、キッチンなどの間を移動する線のことを

「家事動線」

と呼びますが、その中で特に家事に関わる動線を指す言葉を家事動線といいます。

これが暮らしに最適化されていると、日々の家事ルーティンの時間的・体力的な負担が少なく済むので、よりゆとりのある暮らしが期待できます。

中でもキッチンでの家事時間が多いですよね。

食事と作る時、冷蔵庫⇔シンク⇔調理台(食材のカット、盛り付け)⇔コンロの間を少ない歩数で移動できればとても楽です。

効率よく動くためには、横一直線より、三角形を描くような動線がよいでしょう。

このように、キッチン内の動線は調理に使用する家電と共に検討すると良いでしょう。

さらに、キッチンから洗面室を通り、トイレ、リビングと、ぐるりと一回りできる

「回遊動線」

にするとさらに効率アップです。

これによって、行き止まりがなく、両方向から部屋に行けるのでより家事効率がアップします!!

また、洗面脱衣室に下着や寝間着、タオルを収納できるようにしておくと、帰宅してからリビングで洗濯物をたたんで、洗面所の収納に下着や寝間着、タオルをしまって、衣類などは各自個室に行く時に持って行ってもらうようにすれば、奥様が洗濯物をあちらこちらに配って歩く手間もありせん。

掃除に関しては掃除機のためのコンセント位置を住宅新築時適切に取っておくことが大事です。

あまり複数回差換えなくとも済むように工務店との電気配線打合せ時に取付位置を吟味しましょう。

階段近くに設けたコンセントに長い延長コードをつないで、一気に1階と階段、2階ホールまでのスペースを掃除機をかけてしまえれば、プラグ差替えの面倒からくるイライラも解消されていいですね。

以上を、新居の間取りを考える際に参考にしていただけたらと思います。

色々想像を働かせて、家事がしやすく、家族が快適に暮らせる間取りを考えてみてくださいね。