多治見市・土岐市・瑞浪市・恵那市で自然素材の注文住宅を手がけているエムスタイルホームです。

前回のコラムから、家の向きについてのメリット・デメリットを書かせていただいています。

西向きのメリット

一番のメリットは、冬に最後まで日を取り込めることです。

冬は夜非常に寒くなりますから、暖房の節約などで役立つでしょう。

また、夕日が非常にキレイなので、庭やベランダなどで食事をとるととてもロマンチックな夕食になるはずです。

夜型の生活をしていて起床時間の遅い家族などでは大きなメリットとなるはずです。

西向きは東向きと反対に、午前中に日が当たらず、午後に日を取り込めます。

西向きのデメリット

西向きのデメリットは西日です。

夏場になると、午後のもっとも暑さが厳しい時間帯に容赦なく家の中に日光が差し込みます。

カーテンなどで防いでも限界があるので、何らかの対処が必要となるでしょう。

対処法としては、ひさしを作ったり、すだれや植物で直射日光から守ったりするのが有効でしょう。

あるいは、エアコンを取り入れるといった方法も有効です。

一般的に西向きは敬遠されることが多いようです。

特に夏になると、西から差し込む西日が眩しい・暑くなるなどが理由のひとつです。

西向きの新築住宅は、朝はゆっくり過ごし、午後から活動する人にとっては適しているかもしれません。

次回は北向きの新築住宅のメリット、デメリットをお話したいと思います。