多治見市・土岐市・瑞浪市・恵那市で自然素材の注文住宅を手がけているエムスタイルホームです。

新築住宅を建てることになったら、自分たちのライフスタイルや希望条件にあった新築住宅を建てたいと思いますよね。

そうであれば、土地を探す際に方角は重要なポイントになります!!

しかし、何となくは分かっていても、家の向きについてよく分からないという方も多いと思います。

今回からのコラムでは、新築住宅を建てる際の方角について、東西南北4回にわたりお話をさせていただきたいと思います。

そもそも、家の向きというのはどこを指すと思いますか?

家の向きというのは、一般的に「もっとも日を取り込める面がどの方角にあるか」と言われています。

そして、もっとも日をと取り込む箇所と言えば、基本的にはリビング(居間)となるわけです。

東向きのメリット

東向きのメリットと言えば、やはり ”朝日がしっかりと差し込む”ことでしょう。

早朝からさわやかに目覚め、しっかりと日の光を浴びることは体調管理にも良い影響を与えます。

冬は朝からしっかりと日が差し込むため、早く部屋の中を暖めることができます。

また、午前中に洗濯物を干しても早く乾くことでしょう。

朝早くから活動する生活をしている方にはおすすめできる方角ですね。

東向きのデメリット

東向きのデメリットは、朝の日差しです。

朝日が直接差し込みますから、睡眠の邪魔になることがあります。

夏は、朝から強い日差しによって部屋が暑くなりやすいかもしれません。とはいえ、雨戸やカーテンを使えば問題ないのでそれほどのデメリットとは言えないかも知れませんね。

また、午前中は日差しが当たっていても、午後になると当たらなくなることもデメリットといえるでしょう。

そのため、洗濯物や布団を干す際には、注意が必要です。

夏場には涼しくて良いかもしれませんが、冬場には寒く思うこともあるかもしれません。

東向きの新築住宅は、早朝から活動して日中は外出、夜は早く寝るようなリズムの生活スタイルに向いている方角です!!

自分の生活スタイルと合わせて新築住宅の向きを考えてみましょう。

次回は西向きのメリット、デメリットをお話ししたいと思います。