多治見市・土岐市・瑞浪市・恵那市で新築住宅をご検討中のみなさま、こんにちは!自然素材の注文住宅を手がけているエムスタイルホームです。

先日から始まっている基礎工事

まず建物の位置を正確に出すため、『丁張り』という作業をします。

写真の木の柵のような部分

ここから糸を張って位置・高さなどを出します。

その後ベースCONと言われるコンクリートを流し込み、鉄筋を組みます。

そして、こちらは配筋検査の様子!

厳しい目でチェック👀していただき、検査していただきます!