多治見市・土岐市・瑞浪市・恵那市で新築住宅をご検討中のみなさま、こんにちは!自然素材の注文住宅を手がけているエムスタイルホームです。

お家を建てるうえで水道の「引込み工事」という言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか。

本日はその工事の様子です。

弊社本業ですね!!手慣れた様子で工事が進みます。

本管と言われる道路の下を走っている水道管から、敷地内へと水道管を引っ張り、お家の中で水が使えるようになるのです!

こちら横に走っているのが本管です。そして縦に走っているのが、水圧テスト用の配管です。

縦に走っているのが家に引き込むための管です。

こんなに小さな管から家中の水を出しているの???という感覚になったのは私だけでしょうか?

水道管の中は水圧があるので、蛇口をひねれば水がジャージャー出てくるのです。

排水管はこちら

150Aという太い配管で家中の水を排水し下水管につなげます。←A(エー)という単位初めて聞きました。管の内径だそうです💦

先ほどの給水とこの排水の管の太さ!こんなに違うのですね。排水は水圧ではなく勾配で排水していくので、太くないと詰まってしまうとのことですよ。

こちらは水道メーターと言われる検針するときに見るメーターが入ったBOXです。

お引渡しの日まで汚れないようにと職人さんがピンクの養生テープを貼ってくれました。かわいいでしょ💕

基礎工事の前にこんな工事もあるんですね~👀