多治見市・土岐市・瑞浪市・恵那市で新築住宅をご検討中のみなさま、こんにちは!エムスタイルホームです。

新築住宅をお考えの方は、土地の方角についてもお調べになっていませんか?

いろいろなお客様から話を伺っていると「よく南向きがいいって聞くけど、他はよくわからない」という方が多いようです。

新築住宅を建てる向きによって日当たりや間取りに影響してくるので、よく考えて土地を購入することをオススメ致します。

♦東向きのメリット・デメリット

メリット→「朝、明るい」こと。午前中の日当たりが抜群です。

デメリット→午後からは日当たりがあまりよくありません。

♦西向きのメリット・デメリット

メリット→午後の日差しが強いこと、西日は太陽の位置が低く、日光が部屋の奥まで入りやすいと言われています。冬でも暖かいです。また、日照時間が一番長いのも、実は西向きだと言われています。

デメリット→「西日がキツイ」ということ。夏、暑いのが西向きです。ですが、遮光カーテンなど工夫すれば、気になることはありません。

♦南向きのメリット・デメリット

家の方角で一番人気があるのは、南向きです。

メリット→一日を通して日当たりが良く、明るい部屋になることが人気のポイント。また、夏は太陽が高い位置にあるため強い日差しが入りにくく、冬は太陽が低い位置にありますから、やわらかな日差しが部屋の奥まで入り込むなど、一年中快適な住まいになります。

大きなデメリットのない南向きですが・・・強いて挙げればほかの方角よりも、価格が高い傾向にあるようです。

♦北向きのメリット・デメリット

メリット→夏場でも涼しい、価格が安めに設定されている、床材やクロス、外壁が紫外線によるダメージが少なく劣化が遅いといわれています。

デメリット→日当たりが悪く、冬、寒いことです。どうしても湿気が高くなってしまいますので、湿気などには注意しなければいけません。住んだ際には、換気をしっかりするなど通気性のよい家づくりをすることが重要です。

いかがでしたでしょうか?

このように、家の方角は快適な住まいをつくるうえで重要なポイントとなります。

方角によりメリット・デメリットは様々ですが、間取りなどを工夫することでデメリットを感じさせない住宅に変わることもありますよ。