多治見市・土岐市・瑞浪市・恵那市で新築住宅をご検討中のみなさま、こんにちは!エムスタイルホームです。

新築住宅を建てたいお客様の中には、土地は絶対に南向きが良いという思いがある方もいらっしゃいます。

一般的には南道路で日当たりが確保できるというメリットが有る南向きですが、意外とデメリットもあるのもご存知でしょうか?

今回は南向きの住宅のデメリットをご紹介いたします。

●人気のため土地の価格が高くなる

南向きの土地は人気があり、その他の向きの土地に比べて価格が上がる傾向にあります

●日当たりが良すぎる

特に夏は、日光により部屋の温度が暑くなることがあります。

寝室が南向きの場合、あまりの暑さに早朝に目が覚めてしまったということもあるようです。

●リビングに居ると通行人と目が合う

一番日当たりの良い南側にリビングをもってくるため、リビングの窓の外はすぐ道路になります。

道路を通る人々の視線が家に飛び込んできますから、プライバシー確保のため、せっかく開放感や日当たりがいい南向きの土地なのにレースのカーテンが開けられない・・・ということにもなりかねません。

また、洗濯物も南側に干すことになりますので、生活感が

なかなか隠しきれないというところもオシャレな住宅を建てたいと考えている方にとってはデメリットと言えそうです。

いかがでしょうか?

家を建てる向きを、「南向きが良いと聞いたから」というなんとなくの理由だけで購入するのは一度上記で説明したことを思い出してみて下さい。

南側に立つ隣家との間に十分なスペースが取れるなら、北向きの土地に家を建てるのもいいかもしれません。南側が道路に面していないので、プライバシーの確保もしやすく、人目もきになりません。

「こんなはずではなかった」と後悔することがないよう、よく検討・調査して購入してください。

エムスタイルホームでは土地探しももちろん、不動産資料もご用意してあります!ぜひ住宅アドバイザーにご相談ください。