秘密基地

多治見市・土岐市・瑞浪市・恵那市で新築住宅をご検討中のみなさま、こんにちは!自然素材の注文住宅を手がけているエムスタイルホームです。

この木なにかわかりますか?

これはしいたけを育てる為の木で、これは原木栽培になります!(たぶん・・・)

じめじめしているこの季節、しいたけにとっては嬉しいですね♪

もうほとんど採ってからの写真しかないですが、子どもたちと一緒に取りに行くと「ひみつきち~✨」と言って大はじゃぎします(笑)

これくらいのサイズのしいたけが、ポコポコたくさん育って取るのが楽しいですよ

しいたけが苦手な方は多いと思いますが、我が家では 朴葉寿司、甘辛煮、肉詰めなど、気づけば大活躍のしいたけです!

№43.子供部屋について考える~①子供部屋を使うのは何歳まで?~

多治見市・土岐市・瑞浪市・恵那市で自然素材の注文住宅を手がけているエムスタイルホームです。

今回は子供部屋について2回に分けて考えていきたいと思います。

ます子供部屋は基本的に子供が勉強や就寝、着替え、プライベート空間として使用する場所です。

小学生に上がるまでは睡眠も着替えも親の手伝いが必要なケースが多いため、寝室は親と一緒、着替えはリビングなどで親が手伝いながら着替えているというお子さんが多いのではないでしょうか。

勉強面で見ると小学校低学年くらいまではリビングで勉強をする子供も多いようです。

その時期が過ぎると勉強や宿題の量が増え、だんだんと子供部屋(自分の部屋)で過ごす時間が増えてきます。

思春期を迎えると、子供部屋はよりプライベート空間の意味合いが強くなります。

そして中学・高校と過ごし、子供によっては大学進学や就職を機に家を離れることになるでしょう。

こう考えていくと、子供が子供部屋を使う一般的な年齢は、小学校入学の6歳から高校卒業の18歳、もしくは大学卒業の22歳頃までと考えることができます。

もちろん、その家庭によってもっと長くなる場合もありますし、逆に短くなる場合もありますね。

新築住宅を検討している皆さんのお子さんのいるご家庭のほとんどが、新築住宅を建築する際には子供部屋を作ろうと考えていると思います。

ですが子供は月日と共に著しく成長しますし、子供が巣立って家を出て行った後に子供部屋のスペースをどう利用するかという課題もあります。

つまり、子供部屋を考えることは、住まいの将来を考えることにつながるのです。

ぜひ、将来のことまで考えた、悔いのない家づくりをしてください。

そして、次回は「時期により使い方が変わる子供部屋」についてお話ししていきます。

A様邸~内装工事~

多治見市・土岐市・瑞浪市・恵那市で新築住宅をご検討中のみなさま、こんにちは!
自然素材の注文住宅を手がけているエムスタイルホームです。

A様邸の工事が終盤に差し掛かっています。

クロスが貼られ、可動棚も付きました!

玄関先には、靴の脱ぎ履きが少しでも楽になるように、手すりの近くに少し腰かけられるようなベンチを設置しました。

エムスタイルホームではお客様の生活に寄り添い、様々なご提案をさせていただいております。

生活スタイル、家族構成、皆様違いますよね。エムスタイルホームのスタッフは皆、お客様にとって住みよい家を作りたいと思っています。どんな些細なことでも構いません。私たちとお話をしませんか?

K様邸~上棟~

多治見市・土岐市・瑞浪市・恵那市で新築住宅をご検討中のみなさま、こんにちは!
自然素材の注文住宅を手がけているエムスタイルホームです。

K様邸の上棟が行われました!

雨で延期になったので、今日は雨が降らないようスタッフでてるてる坊主を作って待ち構えていましたが、何とかお天気が持ってくれたので雨が降ることなく組まれました!!!

大きな梁がクレーンで上がっていく姿は、何度見ても感動です。

お施主様も組みあがっていく家を笑顔でご覧になり、動画を撮ってらっしゃいました。

「家ができていく様子はいつまでも見ていられますね~」とお施主様。

私達も何度見ても面白いな、と実感しました。

とても仲の良いご夫婦でスタッフも「いいな~♡」とお二人の背中を眺めていましたよ。

かぶとむし

多治見市・土岐市・瑞浪市・恵那市で新築住宅をご検討中のみなさま、こんにちは!
自然素材の注文住宅を手がけているエムスタイルホームです。

5月くらいから「いつ、かぶとむしでてくるー?」と毎日子どもが言っていましたが、やっっっっっとご対面✨

孵化したカブト虫に会う事ができました(≧∇≦)

私も子どもの頃はよくカブト虫を捕まえたりしましたが、孵化したばかりのカブト虫は初めて見ました!!

出てきたばかりは、羽が白いの知ってましたか?♪

子どもの反応は、「これかぶとむし?くろくないじゃん!!」でした(笑)

天気が変わりやすい日が続いていますが、夏になってきているんですね!

早く6匹すべて孵化して、カブト虫との思い出たくさん作ってほしいですっ☀

№42.ライフスタイルに合った家の向きにしましょう~南向き~

多治見市・土岐市・瑞浪市・恵那市で自然素材の注文住宅を手がけているエムスタイルホームです。

3回にわたってお伝えしてきましたライフスタイルに合った家の向きシリーズも、最終回となりました。

今回は南向きの新築住宅についてお話をしていきたいと思います。

南向きのメリット

南向きのメリットと言えば、『日当たりの良さ』でしょう。

日本における太陽は真上を通っているわけではなく、やや南側に傾いた位置を通ります。

そのため、朝から晩まで一日中、ある程度の日照が期待できるのです。

こうなると、夏に暑くて困るのではないかと思われがちですがそんなこともありません。

なぜなら、夏は太陽の位置が真上に近づくからです。

つまり、直射日光はほぼ真上から落ちてくるので家の奥まで差し込みません。

そして、冬になると今度は太陽の位置が南側に低くなるので、日中は横から差し込むことになります。

つまり、長い間直射日光が家の中に入るので、暖かさをキープできるでしょう。

南向きのデメリット

南向きのデメリットは夏の暑さでしょう。

ただ、太陽の位置から考えて直射日光は入ってきません。

すだれやひさしなどを設置してあれば、十分に対処が可能です。

あえてデメリットをあげるとすれば、人気が高く土地が少なかったり、価格が高くなりやすいということでしょうか。

南向きの新築住宅は、総合的に考えて一番良い向きといえます。

それぞれのライフスタイルに合った家の向きのご参考にしてみて下さい!!

K様邸~基礎工事~

多治見市・土岐市・瑞浪市・恵那市で新築住宅をご検討中のみなさま、こんにちは!
自然素材の注文住宅を手がけているエムスタイルホームです。

K様邸の工事も着々と進んでいます。

基礎のコンクリートが入り

配筋が組まれて

配筋検査を受けました~!

基礎はお家の要の部分。

完成した時には見えなくなる部分ですが、しっかりチェックしていきます!

もうすぐ夏休み?!

多治見市・土岐市・瑞浪市・恵那市で自然素材の注文住宅を手がけているエムスタイルホームです。

週末は暑くなりましたねー

子供達から「今日は何する?」という質問・・・なかなか遠出もできないし、どこかに行こうかも思いつかず、

「プールでも出そっか」とういう事になりました!!

お昼ご飯も外で食べて、おやつもプールに入りながら食べて、1日中プールに入っていた子供達。しっかり日焼けしてました。

扇風機片手に、母も入りたかったなぁとぼやき、その隣で

めちゃくちゃはしゃいでとても楽しそうでした。

今年は何回入れるかな?

皆さん夏バテにはお気をつけて下さいね(o^―^o)もうすぐ夏休みが始まりますよー

№41.ライフスタイルに合った家の向きにしましょう~北向き~

多治見市・土岐市・瑞浪市・恵那市で自然素材の注文住宅を手がけているエムスタイルホームです。

今回は北向きの新築住宅についてお話をしていきたいと思います。

北向きのメリット

北向きの家のメリットは、夏の涼しさ、そして何よりも安さでしょう。

日本においては南向きが一番日当たりが良いとされています。

それは逆に言えば、北向きが一番日当たりがよくないと言うことの証明ですよね。

日当たりが良くないと言うことは・・・夏には涼しいと言うことです。

日本は先進国の中でも夏がきついと言われていますし、土地の地域によっては南向きよりも良い場合があります。

また、北向きは日当たりの関係から人気がありません。

そのため、他の方角、特に南向きと比べるとかなり割安になるでしょう。

北向きでも家に工夫を凝らせば日当たりは解消できますし、費用をなるべく抑えたい方におすすめです。

北向きのデメリット

北向きのデメリットと言えば、何を言っても日当たりの悪さでしょう。

特に問題なのが梅雨の時期です☔

湿気が高く気温も高いこの時期に日が当たらないと、部屋の中でカビが繁殖しやすくなるでしょう。そのため、カビ対策として、しっかりと換気で空気が循環できるように、通気性が高い造りの家にしておく必要があります。

また水回りが北側にある家は、カビ繁殖しやすくなる可能性があるので、こまめな掃除が欠かせません。

一番良い方角は、日当たりの良さだけで判断するのではなく、何時に起床し、家にいる時間はどれくらいかなど、ライフスタイルを考慮して考えていきましょう!!

K様邸~防蟻工事~

多治見市・土岐市・瑞浪市・恵那市で新築住宅をご検討中のみなさま、こんにちは!
自然素材の注文住宅を手がけているエムスタイルホームです。

K様邸の防蟻工事が行われました!

今回から仕様が変わりまして、防蟻のシートを採用することになりました!

こちらは基礎の下に敷くシートとなります。

シート本体分子と防蟻成分分子が、互いに「相溶性」というなじみやすい性質を有しながらも、水と油のように反発しあっているので、防蟻成分分子がシート表面側へ追いやられるような挙動が起こる。
その結果、防蟻成分分子はゆっくりとシート表面に移行していき、シート表面で防蟻効果を発揮する。
シート表面の防蟻成分分子は次々にシート内部から表面へと移行していくので、長期にわたり防蟻効果が維持される。

ということだそうです。aridan-catalog-shinchiku-betakisosheet.pdf (fukuvi.co.jp)引用

難しい言葉が苦手な私ですが、要は「薬剤を使用することなく人と環境にやさしい工法で住まいを守ります!」ということです。

エムスタイルホームでは化学物質を使わない健康な家づくりをするため、日々業者様よりご提案いただいた商品について、研究し採用を決めています。

安心して深呼吸できる住まいをご提案いたしますよ!