載ってます!

M style home 早川です。

すでにご覧になった方もみえるかと思いますが、掲載されました。

イベントも開催中です!

キッズスペースも用意してありますので、お気軽にご相談ください。

新メンバーも加わりましたのでまたアップします。お楽しみに~♪

つ・く・る

こんにちは! M style home です

美味しそうですよねー♪♪

こんなふうに作れるようになりたいなと主婦はまだまだ勉強中の身です。

ハンバーグを作ると同じように物を「つくる」にはいろんな意味があります。

「作る」とは「手を加えて、もとと違ったものに仕上げる。材料・素材などに手を加えて、価値あるものに仕立てる。わざと仕組んでそうする」とあります。

「造る」とは「作る」と同じ意味を持ちますが、大きく違うのは「大規模なものをつくる場合、形あるものをつくる場合に特につかう」という点です。財産・不動産など大規模なものを「つくる」場合に用いられます。

「創る」も実は「作る」と同じ意味を持つ言葉ですが、「新しく生み出す」という意味合いで使われ、同義語として「創造」という言葉が当てられています。

家を「作る」は「造る」そして「創る」と、、、

すべてがつながっているのではないかと私は感じました。

さて、みなさんはどのようにつくりますか?

春~プレゼント

鮮やかなイエロー

可憐で愛らしいミモザの季節がやってきました♪春ももうすぐですね

春つながりで・・・・

14日のホワイトデーのお返しは桜模様🌸

いいですね~ご主人からの心遣い。
さりげなく置いてあったそうです☺

住宅関連でもこんなお話を聞きました。

お打ち合わせの時は自分用だと言いながら書斎をお願いしてみえたご主人様(ちゃんと奥様の意見も取り入れてますよ)

実は書斎は ””奥様へのプレゼント”” だったそうです。メイクルームとして♡

普段キッチンに立つのは奥様であるのなら、キッチンは好きなように選んでいいよ~なんて言ってもらえるだけで嬉しいですよね。

お家は家族が住む場所なので自分一人だけの意見ではなかな決められません。

プレゼントとしてもしっかり意見を取り入れることができれば納得のいくものになるでしょう。それは後のこうしておけばよかったにはつながらないはずです!!

間取りやインテリアの打ち合わせも思い出に残るよう、経過も楽しめるそんな家造りをM style home はご提案させていただきます!!

動線を考える

こんにちは!M style home です。今日は全国的に雨ですね、、、昼間に自宅に帰ってみたら見事に散らかり放題💦

そうでしょうね、こうなっていることは分かっていましたよ(笑)

食べた食器はせめて流し台まで、いやカウンターに置いてくれるだけでも母は助かりますよと心で思いながら今日は言うのをやめました🥴

さて、ここで思うのが 

”家事動線”

「広いキッチンに憧れる」

という方も多いですが、、、

実は広すぎると無駄に動くことになり、調理の際の作業時間も長くなってしまいます。

食卓がキッチン横にあると配膳や片付けの手間も減らせます(まさに我が家もそれを考え対面にしました)

家族が自然と手伝ってくれるようになるという効果も期待できます。

代表的なキッチンレイアウトとしては上の図にあるような6種類があり、それぞれメリット・デメリットがあります。それらを理解した上で、ご自宅にあったキッチンレイアウトを取り入れると良いでしょう。

キッチンは毎日使う場所だけに、妥協したくないところ!

個別で考えるのではなく、キッチンの中の動き全体と、キッチンの中にあるモノ全体で考える必要があります。

ウイルス対策

M style home です!

毎日オフィス内外は掃除を行っています。

特に今の時期のウイルス対策はさらに気を配り、皆様がご利用しやすい環境づくりに務めております。

現在お打合せ中のお客様、イベントにご来場の際もご安心ください。

🌸ひなまつり🌸

本日は風が冷たく冬に戻ったようでした、、、

ところで!

3月3日 はひなまつりでしたね♪

皆様のお家ではお祝いしましたか?

M style home スタッフのお子さんも雛飾りを制作してきたようで、見せてくれました!!

頑張って上手にできたね

こういうものが少し飾ってあるだけでなんだか成長を感じほっこりします。

我が家には女の子はいませんが、

男の子しかいない家族でも一つ一つの行事は大切にしたいなと思います。

ちらし寿司ケーキ、、、

(めんどくさがりやの私は炒り卵で💦)

数十年前には、日本では三世代が一つ屋根の下に生活する時代がありました。

一戸建ての家屋の多くには、広いお座敷があり、床の間がありました。もちろんそういうお宅では大きなひな人形のご用意があると思うので、ぜひ床の間に飾りましょう。

しかし、現代ではそういうお宅は非常に少なくなりました。

お家に床の間を作らない場合でも、お客様をお招きしてお祝いすることを想定して飾る場所があるのは四季を感じることもでき、良い空間造りになるのではないでしょうか。

飾る場所がとれずひな人形のサイズはコンパクトであっても、

大切な女の子のためのひな人形はたくさんの人に見ていただける

   ”場所”造り

         が良いと思います。

リビング学習

こんにちは!M style homeです。

我が子も突然の休校によりリビング学習しております💦がんばれ~

リビング学習は今や、小学生以下の子供がいる家庭では定番ではないでしょうか。しかし、リビングやダイニングにスタディコーナーを設置するには、家を建てる時にしっかりとした計画が必要です。

例えば、書斎スペースに活用することができます。

子どもが成長すると、スタディコーナーは不要になる可能性が高いです。しかし、スタディコーナーは子供が勉強するために使うだけでなく、さまざまな使い道があるので設置してあれば便利なことには変わりありません。

家事をするときも便利になるでしょう。パソコンでレシピ検索をしたり、煮込みの間にふと一息なんてことも、、、。仕事疲れのお父さんのくつろぎスペースとしても活用できるでしょう。

広く作る必要はなく、ちょっしたスペースを

そんな間取りも M style home はご提案をさせて頂きますよ!!