多治見市・土岐市・瑞浪市・恵那市で自然素材の注文住宅を手がけているエムスタイルホームです。

新築住宅を検討している皆さん、家づくり計画はいかがお進みでしょうか?

東海地方での梅雨入りも発表されましたね☔

平年よりも21日早く、去年より25日早いそうですよ。

梅雨の時期にお客様から、新築住宅を建築するために大切な木材が濡れてしまうと、木材が反ってしまったり曲がってしまったりするんじゃないの?とか、シロアリが発生しやすくなる心配はないの?というような気がかりの声をよく耳にします。

皆様も聞いたことがあるかもしれませんが、新築住宅を建築する木材は伐採後、すぐによく乾燥させ水分を抜きます。

そして伐採後も木材は呼吸をしているため、雨に濡れてしまった場合でも日光に数日当ててあげると元のように乾燥するのです。

梅雨や台風などの時期は、新築住宅を建築するための木材が濡れてしまうのではないかとついつい心配してしまいますが、木材は雨や湿気の多い日本に大変適した資材ですから、安心して建築いただけます。