[ M style homeは 全棟 最高レベルの耐震等級3が標準 ]

耐震等級とは

地震に対する建物の強さを表す等級で、1~3までの3段階で表されます。
建築基準法で義務付けられている「耐震等級1」は、1回の震度7程度の地震でも倒壊しない程度の耐震性能とされています。
熊本地震のような、2回以上に渡る震度7程度の地震対しては、耐震等級3のレベルが必要です。
耐震等級3は、消防署や警察署など防災の拠点となる建物と同じ耐久性です。

倒壊・崩壊しない程度の耐震性をもつ以外に地震保険も半額となります。保険会社の視点からも地震に対するリスクが低い建物だと捉えられており、かつ経済的なメリットも得られるのであれば、それを選択しない理由は無いと考えています。

でもね・・・

耐震等級3だからといって安心ではないのです!

建築基準法で定められているのは「1度目の大地震」に対しての基準です。

厳密にいうと、1度目の大地震を耐えた家屋は「耐震等級3」ではなくなるのです。
つまり、余震で2度3度大きな揺れが起こった場合、家は倒壊する可能性が高くなっていくのです。

「だったらどうすればいいの?」

M style homeでは「耐震」+「制震」=「超制震」

大切な子どもや家族を守るために「超制震工法」を取り入れています。
建物内部に振動を吸収する「制震テープ※」を取り付けることで建物の揺れを軽減します。(※高層ビルの制震装置に用いられる粘弾性体)

制震テープ

この制震工法を用いることにより、繰り返しの地震の揺れを格段に小さくすることができます。 また、通常のダンパーとは違い、テープになっているので建物の一部ではなく全体をダンパーにすることが可能になったのです。

地震から家族を守る家

「そんなに何度も何度も大きな地震に合うことはないだろう・・・」と思ってはいませんか?

あの東日本大震災では、M6.5以上(または震度5弱以上)の余震がなんと96回も起こったのです。

日本は地震大国で、5年に1度は大きな地震が起きている現状です。
昨今では南海トラフも心配されています。

大切な子ども、家族をを守るためにM style homeは「地震から家族を守る家」をつくります。

商品ラインナップ

家族にあった家を選べる!Mstyleの注文住宅。
希望価格帯やデザインテイスト、お客様の”実現したい暮らし” に合わせた商品ラインナップをご用意しました。

レバンテ

北欧の陽だまり南欧の風

チャオ

ママのためのちいさなお家

ロッキー

パパが主役の日曜日

詳しくはこちら